腰痛は日本人であれば80%の人が経験する身近な痛みです

原因のわからない腰痛でお悩みでないでしょうか

腰痛の原因はなんなのでしょうか。

腰部脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアなど腰の神経の障害によるものや内臓の病気、脊椎の病気など原因が特定できる腰痛は全体の約15%です。

残りの約85%は、原因のよくわからない腰痛で「非特異的腰痛」と呼ばれます。腰痛全体の約85%を占める非特異的腰痛の多くは、腰の椎間関節や筋肉・筋膜などに原因があるとされ、一般に「腰痛症」や「坐骨神経痛」などと診断さることも多いです。

はっきりとした原因のわからない腰痛がほとんどなわけですが、その理由は、腰が痛いのだけれど、腰に原因がないことがほとんどだからです。必ずしも痛みのある部分が悪いとは限らないということです。

その本質的な原因は、足かもしれませんし、骨盤や股関節かもしれません。その他に、胸椎の動きの制限、慢性的疲労の蓄積、胃炎・便秘などの胃腸障害、冷え症、生理痛に伴うものなどそれぞれの患者さんによって原因の見えてくるものも多くあります。

一般的な腰痛の治療

通常腰痛の治療は、温熱療法、低周波や干渉波などの電気治療、腰椎牽引、痛み止めの薬や湿布剤などの薬を用いたり、局所麻酔薬を注射する「トリガーポイント注射や神経ブロック」を行なったり、コルセットなどの装具を用いたりするほか、医療機関によっては関節の状態を変えるため体をほぐす「マニプレーション」などの手技を行うこともあります。症状が落ち着いてきたら、マッサージやストレッチ、筋トレ、治療体操など運動療法を指導し、腰痛の改善と再発予防に取り組んでもらうのが一般です。これらはどれも腰が痛いんだから腰をどうにかしようとする対症療法です。

自然に治ってしまう腰痛の場合は、これらのやり方でもかまいませんが 私の所に来院される腰痛の患者さんは、この様な痛み止めでは良くならないので、鍼灸治療を試してみようかと来られるわけです。

先にも述べましたが、同じ腰痛でも患者さんによって原因は様々です。

太ももの筋肉の硬さが骨盤を前傾させるためであったり、過労やストレスであったり、冷え症の体質であったり、胃腸の不調であったり また、ムチウチをきちんと治さなかったため、首を背腰でかばいすぎて腰痛になってしまうこともあります。

治療は、患者さんそれぞれの腰痛の原因にあわせておこなわなければ良くなりません。
痛いのは確かに腰かもしれませんが、原因が全然違うところに隠れているので、腰だけ治療しようとしても良くならないんです。

仙灸堂では腰痛をどう考えるか

例えば太ももの前側に大腿四頭筋という筋肉があります。ここの筋肉が硬く短くなってしまうと骨盤は常に前の方に引っ張られて反り腰をつくってしまいます。反り腰による負担が常にかかってしまった結果の腰痛なのに腰だけ揉んでもしょうがありません。揉むなら太ももを揉まないといけないんです。

他にも、過労やストレスによる慢性疲労の腰痛の場合、五臓六腑のうち、身体を治す元気(回復力)を 出すのは肝のはたらきです。

肝臓はアルコールを分解したり筋肉の疲労物質を分解したりもするが 漢方的には、ストレスを我慢するのも肝の仕事です。

ということで腰痛は、それぞれの原因を見きわめ、身体全体を治さなければいけないということです。 自分の身体を、自分自身の元気で治す自然治癒力が大切であるということですね。

腰痛を和らげるためのセルフケア方法