腰が痛い時はこのツボをチェック(腰痛Lゾーン)

腰が痛い、お尻が痛い足が痛む。

特に中腰の体勢が辛い、体を前に屈めたときに痛い

こいった症状でお困りではないでしょうか。

腰痛は鍼灸院に来る患者さんの中でもかなり多いです。

腰痛は80%の人が人生に一度は経験するとも言われています。

長い事病院に通っている人もいるのではないでしょうか。

腰痛の原因はなんなんでしょうか、

年齢によるものなのでしょうか、骨が変形してしまったらかなのでしょうか、椎間板が飛び出てしまったからなのでしょうか。

腰の筋肉、椎間関節の炎症、変形性、椎間板ヘルニア、狭窄症、すべり症など診断されている人もいるかと思います。

しかし多くの場合、画像での診断と症状が一致していないことも多いんです。

実は骨でも関節でもなく原因は他のとこと隠されていることも多いんです。

例えば、膀胱経という経絡に原因がある場合があります。

経絡というのは気の流れみたいなものです。

体にはいろいろな経絡が流れていますが体の後ろを走る経絡は1つしかありません。

その後ろを走っている経絡が膀胱経なわけです。

この膀胱経が縮こまっていたり、異常があると体を曲げて膀胱経を伸ばそうとしてもうまく伸ばせず、痛みなどを出してしまうんです。

今日は前屈みの時に腰が痛くなるときに必ずチェックする腰痛Lゾーンを紹介します。

内容としては

  1. どういったものに効果的か
  2. Lゾーンはどこか
  3. お灸のやり方

1、どういったものに効果的か

症状名にかかわらず腰痛、仙骨の痛み、お尻の痛み、坐骨神経痛などに効果が期待できます。

特に体を前に倒した時に痛みの出る人に効果が期待できます。

前屈みの姿勢をとると膀胱経も伸ばされます。しかし膀胱経に異常があるとうまく伸ばせないんです。

伸ばせないものを無理に伸ばすので痛くなってしまうことがあるんですね。

2、Lゾーンはどこか

それはここ、外くるぶしのあたりにあります。

ここには膀胱系のツボ、 跗陽、崑崙、申脈などのツボがあります。

ツボに取れわれずこの辺りをおして痛いポイントにお灸をして緩めてあげる事が大切になってきます。

押すときのポイントは、アキレス腱側は、ウチに剥がすように

腓骨側は外側に剥がすように押していくと効果的です。

3、お灸のやり方

一番痛かったポイントにお灸をしてみましょう。

目安は1から3壮からはじめ、数日続けて効果が感じられない場合は、ツボを変えてみる、もしくはお灸の熱があまり感じないようでしたらお灸の数を増やしてみてください。

 

それでも良くならない場合は他のところが影響しているのかもしれません。

一度お近くの鍼灸院でしっかり体を見てもらうことをお勧めします。

関連記事

  1. 効果の上がる肩こりのお灸方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。